« パソコンのメモリー増強 | トップページ | 紫電改-その3 »

2009/03/22

メモリー用ヒートシンク

~を買ってきた。

ainex製 HM-12 2枚なり。
Memoryheatthink


ちなみに売っていた単価は880円だったかな?
某大手家電量販店のパソコンパーツコーナにて購入。
これを買うまでに、実は2日間で2回ほど。。お店の売り場を往復し
~「買おうかな~、やめようかな。あわなかったらどうしようかな~」を繰り返していた。
昨今の景気状況は、私の収入とお小遣いも直撃しており、軍資金は切迫しておった。
それで、3回目の来店で買った。
メモリーモジュールをこの金具が両方から挟みこむことで、メモリーLSIの放熱を行うものであった。
片面にしかメモリーが無い場合はメモリーの無い側に短絡防止シートを挟んで装着する。

これを選んだ理由は・・・
同じ値段の両面テープ止めのものより、選んだほうがヒートシンクの表面積や体積が2.5mm厚アルミ製で大きそうだったから。あと両面テープ止めでないので取り外しが簡単(クリップ式にメモリーを両側から挟むだけ)

だったのだが、実際装着してみたところ、装着状態に問題発生!!
写真の○印で囲んでいる部品(積層コンデンサかな?)がメモりーより出っ張っているので
メモリーとの間に隙間が生じてしまうのであった。なので放熱の役目を無さず、トラブルを誘発しそうな状態。
特に真ん中の突起(積層コンデンサ)は致命的である。コンデンサを挟んだ状態となった。
とりあえず、ヒートシンク装着は一旦断念~。
Momorytokki

そんな状態になる要素は、使用しているメモリーモジュールのメーカーによると思う。
ちなみに、取り外したメモリーではなんとかギリギリOKでメモリーをはさみこめた。
でも積層コンデンサとはギリギリ。
思いもしなかった、落とし穴であった。

打ち手としては・・・
ヒートシンクのメモリモジュールのパーツと干渉しそうな部位を電動ドリルで穴をあけて抜いてしまう。
材質がアルミなので比較的容易であろう。

だが、しかし・・・・(たぶん私だけかもだが・・)他にも気になる点が・・・
 メモリーLSIの足と挟んだヒートシンク(アルミ)の絶縁は1mmに満たないエアギャップのみ。
 (たぶん0.5mm以下)。ショートしそうでなんだかとっても不安な装着状態である。
 何か絶縁板(マイカ板とか)はないのだろうか?

よって、ヒートシンク装着は現在保留であります。

|

« パソコンのメモリー増強 | トップページ | 紫電改-その3 »

コメント

何か他の放熱方法を考えた方が、リスクが無くて良いかも?

ではでは(◎-◎)_TM

投稿: fami | 2009/03/22 20:28

それでは~
外付けファンで強制空冷しますか・・な?

しかし・・・、買ったものが、使用されていないと○○すると、
ちょっと困るかも・・・・

投稿: てっちんパパ | 2009/03/25 09:13

駐車料金浮かす為にしょうがなかったとか?

子供の熱さましシート代わりに使うとか・・・・w

ではでは(◎-◎)_TM

投稿: fami | 2009/03/25 23:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモリー用ヒートシンク:

« パソコンのメモリー増強 | トップページ | 紫電改-その3 »