« 61式戦車プラモ(2) | トップページ | 61式戦車プラモ(4) »

2012/03/20

61式戦車プラモ(3)

地道に作業が続いてます。楽しんでおります。
<マフラーカバーの続き>
61123

マフラーカバーのパーツの網部をカットし、金網メッシュに置き換えて金網枠をプラ板(薄もの03mm)でつくるという工作でした。金網の固定は、網部をカットされたカバーヘッド部に真鍮線0.5mm3本を支持棒としておったててそれにテグスでしばりつけておいて瞬間接着剤で固めるという作戦であった。。
なので内側は写真の通り、あまり美しくない。。。
表に出ない部位なのでそれなりであれば良しということにした。

網枠の工作が終わってから、車体との合わせ目加工。
金網部の工作が歪になっておりしかも接着剤その他で、車体の取り付け部との合いが悪い。
それをヤスリで摺合せしていきました。この作業で金網をしばりつけてた何本かのテグスは削られたり切られたりしたのですが瞬間接着剤で固めるように接着されていたので金網がはがれることはありませんでした。

<マフラー本体>
金網となるので、網の内側が見えてしまうので、マフラーっぽいものが必要です。
5mm丸棒を切ってマフラーとしたかったのですが、工作したカバーと車体の隙間が5mmもなくて収まらない。
ネットの写真などを参考にしておおよそで想像もいれて工作。

とりあえず、ネットの写真などを見て形を参考にして、・・・・
4mmパイプを半割り近くまでヤスリで削ったもの+2mm丸棒+金網枠工作で使えなかったやや幅広の0.3mmプラ板の短冊で工作。
合わせ目をパテ埋め。。。それが下の状態
6112

マフラー排気口の工作
6112_2
プラ部品は、排気する隙間が空いておらず。お好み焼きの小手(ヘラ)のような恰好。
排気口の隙間をつくります。
61121


プラ部品の排気口部をデザインナイフでえぐるように削っておく。
排気口の裏表を平面をつくるようにヤスっておく。
0.3mmプラ板を排気口の台形状に小さく切っておいて、プラ部品を裏表からサンドイッチ。
接着剤が乾いたら、プラ板の段差を削るようにデザインナイフとヤスリで手入れ。

マフラー本体にとりつけて。。。。
61122

こんな感じです。

さて、続きは。。。。
(1)前照灯のカバー。プラ部品は厚みが厚すぎると思う。。。
  真鍮板があったはずなので、それを使ってかっこよくできないか。。。検討です。
(2)車体の後部エンジンカバーの取っ手を真鍮線化。
  90戦車でやった作業なのでその感覚でやっておきます。

|

« 61式戦車プラモ(2) | トップページ | 61式戦車プラモ(4) »

コメント

マフラー部分のプラ金網を薄く削り、金網表現のプラ部分を切り取り金属網を裏から貼り付ける( 板状の部分のみ残す )・・・というやり方とどちらを選ぶか悩みますね。

投稿: ファントム | 2014/12/11 13:18

ファントムさん
コメントありがとう。
気づくのが遅くなり、大変ご無礼いたしました。いろいろ、いかに作りこむか迷うところでありますね。
このプラモ製作ですが、ただいま、私の個人的な時間というか諸事情にてお休みしておりますが、続き?というか進捗がましたら、うpしたいと思います。
手塗りでもよいので形にしあげてあげたいと思ってます

投稿: てっちんパパ | 2015/06/28 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85019/54264808

この記事へのトラックバック一覧です: 61式戦車プラモ(3):

« 61式戦車プラモ(2) | トップページ | 61式戦車プラモ(4) »