2010/02/07

ベネッセ・カリモク学習机の天板高さ1段UP

ベネッセ・カリモク学習机の天板高さを1段あげることになった。
小学校就学前に購入し早2年、子の成長に応じ高さをあげようと思い立ったのだ。

<調整前>
一番高さを低くしてあった。(納入時より一段低い)
2008_0113karimoku0038t

実は、この机、結構重量が重い。特に天板が重厚で重いのであった。

高さを変える安全で楽な方法は天板を一度外した状態で、側板のボルトを外し高さを変更してあげる。
変更後の側板位置で固定してから天板を復旧する。
天板を外す前に前の本棚部の間仕切りになっている部分を外しておく。
天板は机の下側から左右側板2箇所づつ、正面の板に2~3箇所、計6~7本の六角穴付きボルトによるボルト止めであった。
天板を外す手間が面倒のような感じを受けるパパ達もいると思われるが、何せ天板がついた状態では重いのでいきなり側板を止めているボルトを外すとズトンと落とすかもしれない作業リスクが伴う。
私は今回天板を外してやってみた。
(whoさんからの2008/1/15記事へのコメントで教えてもらった方法でした)
取扱説明書にも、方法が記述されていたと思います。

以下写真は天板を外したところ
S_1001240001_2


S_1001240004


天板を外して、軽量化した状態で側板の高さを一段アップ。
側板のボルトを止めてから、天板を復旧し作業完了。
イスのほうも高さを一段アップ。
まあ、納入されたときの高さに戻った形である。
S_1001240013

前回記事
2008/10/6「ベネッセ・カリモク勉強机の購入10ヵ月後」

2008/1/15「学習机が届いた」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/16

しまじろう だいじはっけん隊(ちば) に行く

去る3月8日(日)、千葉市中央区は青葉の森公園にて、しまじろうのおやこみらいキャラバン「だいじはっけん隊」が催された。
このキャラバン隊は、昨年から、全国の東西南北・・いろんなところをずっとキャラバンしていて、今月末でキャラバンが終わるらしい。千葉は最後の方らしかった。
しまじろうと一緒に自然の中で「だいじ」を探そうという内容のイベント。
参加は事前申し込みの抽選によるもので、幸運にも我が家もイベント参加の権利をいただいたのであった。
今回は・・・ウチのひめ子の引率としてワシが参加。嫁とてっちんは脇で見学だという。
当日の朝は曇り空。天気予報では降雨が予想されていた。
家を出発したときはまだ曇り空であったが、昼過ぎに現地集合ポイントに到着時は雨がしっかりと降っていた。
屋外イベントでのあいにくの雨模様であったが、屋外テントを何個もつないで雨を防ぐ主催者側の計らいによりイベントは実行されたのであった。

しまじろうカー(エスティマ改造)も現地に来ていた。
Simajiro01

私は、「この車に家族毎に乗せてもらえる!!」という嫁の話しにつられ子の引率者を引き受けての参加であったが、実際は眺めるだけであった。(嫁の話しは根拠不明・・・勘違いか?乗せてもらって公園一周はなかった)
ボディー側面の不思議な点々・・小さな斑は・・・「迷彩塗装」ではない。
各地のだいじはっけん隊員になったちびっ子達が描いたシール達であった。

この車、なんと・・しっぽがついている。
Shimajiro02

しっぽのアップです。
Shimajiro03_2

*写真の目隠しの子の「へのへの」は、本人&保護者の了承ずみ。
見知らぬ子の顔隠しをイタズラにてネタにしているわけでないのでどうかお許しを

帰りに触らせていただきました。
雨降りなのでビニールシートのレインコートを着ていました。

雨の中、どうなることであろうか?と心配したが、主催者側の雨への配慮でウチのひめ子も楽しく過ごせたようであった。
Shimajiro00

しまじろう、おねえさん、スタッフのみなさん
ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/27

うちの子がプラモをつくる(2)

前回の記事
2月15日 「うちの子がプラモをつくる」

さて、うちの子(てっちん)だが、その後も地道にプラモに取り組んでいた。
接着剤は、K大尉さんに教えてもらったリモネン系接着剤に切り替えた。
柑橘系(オレンジ)の臭いがする接着剤であった。
この接着剤・・従来のプラモ接着剤のような有機溶剤臭(主にアセトンの臭いだとワシは思うのだが・・)がしない。
なので、臭いで頭がフラフラしそうになったりしない。
なので、とっても健康的!!
ちなみにワシが購入したのは、GSIクレオスの流し込み型リモネン系接着剤
Limonene

少し脱線するが、我が家では、ニューアミロンという某TV局の深夜通販番組で買った洗剤を使用しているが、この洗剤もわずかにオレンジの臭いがする。同じ種類(リモネン系・・?)てやつかもしれない。

では、てっちんのその後のプラモ工作を紹介したい。
てっちんは、ケロロロボをつくったあと、初接着剤使用キットとして、1/36 スバル360をつくった。
Sb360_01


ここまでは前回の2/15記事で述べられていた。

そのあと、てっちんは父が出かけている合間に2つのキットを完成させていた。

ダイハツミゼット 1957年式
Mizet00

ダイハツミゼット 1958年式
Mizet01

クリアパーツのつけ方が??であった。
窓ガラスが曇ってしまった。きっと結露しちゃった状態なのであろう。
まあ、最初はこんなものであろう。

これで「つくっていいよ」と渡したキットの残りは「島風」と「駄菓子屋」の2個になってしまった。
この後日、リモネン系接着剤を探しに一緒に出かけたとき、プラモを買ってとせがまれて・・・
Ss01001

スペースシャトルのキットを発見。お値段も手頃感あった。
リモネン系接着剤と一緒にこのキットも買い与えた。
だがさすがに、このキットは組み始めて、しばらく紆余曲折・試行錯誤しておった。
失敗もしていた。
少し組み方の指導したり直しなども入れた。
そして、一応組みあがった。
Shutol01


そのあと、駄菓子屋のキットを作り出した。
これは、相当な試行錯誤(ワシも)していた。
3輪車までプラモパーツで組み立てるのだが、1/700WLの比でないくらいパーツが細かい。
それをプラモ接着剤で組むのは困難であった。
だが一応くっついたようだ。
そして一応完成した様子
それがコレ
Dagashi03

屋根が外れて上からのぞけるのだった。
Dagashi02

土のパウダーや緑のパウダーは、接着剤を台の上に塗り、その上でパウダーをつまんで振り掛けるという作業方法を伝授(ワシはこの方法しかしらない)しワシも手伝った。

これで、渡したキットは1/700WLの「島風」のみとなった。
だが、このキットを箱からだしてみると、船体が反り返っていた。
よって、製作困難と判断し、代わりに次の2つのキットを渡したのだった。
Img122


Img123

この2つのキット、組み立て自体は難しくない。
はたして、組みあがるか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/15

うちの子がプラモをつくる

うちの小1の子、てっちんがプラモをつくった。
まずはケロロロボ
パチ組みであるが一人でつくった。
パパはてっちん専用のニッパーを買い与えた。

次にまたチャレンジしたいというので
写真背景の箱絵であるスバル360のキットを任せた。
初接着剤使用であった。
ほんの少し手を貸したが完成した。
0902150028s

おもしろかったというので・・・
あと・・・積みプラモから、ダイハツミゼット57、ダイハツミゼット58、1/700WLの島風もお任せすることにした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/17

秋葉原へドライブ

10月の3連休最終日13日(月)

秋葉原に連れて行けとせがまれるというかてっちん(上の子/小1)と嫁に頼まれる。
その前日(12日)の、「ROBO JAPAN2008」のツクモブースでロボットのキットが買えなかったので、
ツクモパソコン本店4Fのロボット王国に行って探したいというのだ。
(てっちんが九十九電機を知るはずがなく、全ては、嫁様のリサーチによる入れ知恵・・・といえる)
ようは、ROBO JAPAN のツクモブースでは推奨年齢10歳以上のキットしかなかった。
なので、6歳7歳でも作れそうなキットをどうしても探しに行きたいということらしい。
(6~7歳でも作れる二足歩行ロボットキットがあるとは思えず、前日と大差ないとおもうのだがなあ~)
無理して10歳以上のキットを買っても、私が組むのでは意味がないし、私も時間をとられ面倒なので嫌であった。
だが・・・、悲しいかな?アキバ探検(?)をエサにつられてしまった。

予定していたテニススクールをお休みにして、しかも車での出動となった。
久々の首都高速インターチェンジの急カーブと合流はジョットコースターに乗っているようで目が廻りそうだった。
というか、目が廻った・・・
(午前中だったためか、まだ渋滞していなかったのだ・・・・)
都心部内の一般道走行は道を知らないので完全ナビ頼みの走行でちょっとドキドキであった。

秋葉原へ到着したのは11時頃だったか。
UDXの駐車場に無事に到着。ラクラクで駐車できた。
いい駐車場が出来たものです。

まず、お腹が空いたので、腹こしらえ・・・・
何故か自然と・・・メイド喫茶に足が向いた。
  嫁も・・・・子供らも・・・・
  家族全員でメイド喫茶に行くのは実ははじめてであった。
  出発前、嫁と上の子はメイド喫茶には行かないと言っていたはずなのに・・・
今回は @home cafe (本店7F)に行った。

Athomecafee2

お昼前の、ちょうど混み合う直前だったので、待ちはほとんど0分だった。
このお店は「ご帰宅料」というテーブルチャージ料金制のお店であった。
まず「ご帰宅料」が掛かり、それにメニューのオーダー料金が加わるのであった。

アキバのメイド喫茶は、かれこれ何軒かいったことがあるのが、残念ながら今まで「お帰りなさいませ、ご主人様」は聞いたことがなかった。

だが、今回は「お帰りなさいませ、ご主人様、お嬢様、お坊ちゃま、お嬢ちゃま」の声掛けをイタダクことができた。
私はこれだけでも「来た甲斐あった」と思った。

そして・・・目の前でコーヒーとパスタの「まぜまぜ」の儀式を体験することができた。。。
 「おいしくなるように・・・・ご一緒にどうぞ~」というので、
 冷や汗流しながら、メイドさんと一緒にパスタまぜまぜの掛け声を発する。
 「まぜまぜ」
 「萌え萌え」・・・・
 「にゃんにゃん」
 「わんわん」・・・
 ・・・・「おいしくなーれ」・・・・たしかこんな感じ
パスタはもう一品たのんであったので
 別バージョンで「まぜまぜ」してもらった。

家に帰宅後のてっちんのママへのつぶやき・・・・
  「パパったら、まぜまぜ・・とか言っていたよね~」
  「僕、恥ずかしいなあーと思ったんだ」・・・・・

(メイドさんが、せっかく一生懸命やってくれているのだから、客として、一緒にのってやらなければ申し訳ないというか・・・せっかく来たんだから一緒にやってこそ楽しいというものぞ・・・な)
(ここだけの話だが・・・実は・・・・嫁も一緒に言葉を発していたぞ・・・)
 
だが、てっちんはそのあとメイドさんと「ゲーム」も体験して結構楽しそうであった。
(横目でみて、子供は無邪気でいいなぁ~とちょと思ったお客さんもいたのではないかと想像するのだが。。。どうかな?)
ゲームで勝つとガチャポンを引いて景品がもらえるらしく、景品をいただいていた。
(正直いうと、パパは記念写真も頼みたいところだった/いいえそんなことはありません冗談です)

もらった景品です。@homecafeロゴ入りボールペン
Athomecafee1


なかなか、貴重な体験であった。
対応してくれたメイドさんたち ありがとう。
場違いな家族連れで、お騒がせしました。

下は当方が "お出かけ"(店を出る)のときにもらったカード。
一人一枚ずついただいた。ポイントカードのようです。
Homecafe001_2

@homecafeのあと、ツクモの本店ロボット王国に立ち寄った。
やはり、二足歩行ロボットのキットで6~7歳が作れそうなキットは見当たらず。

部品点数が少なそうな、太陽電池で走行する車のキットでガマンというか納得してもらった。

買ってきた、車のキットは、パーツが少なくて「ここをこうして」と指示してあげたら、てっちんがつくることができたのでよかった。
やれやれ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/10/16

ROBO JAPAN 2008 パシフィコ横浜にて

先日(10月の)3連休の行動のアップしよう。
12日(日) パシフィコ横浜
 ROBO JAPAN 2008を見に行った。あらかじめ前売り券をGETしていった。
Robojapan2008

うちの子(小1)が、ぜひ見たいというので、はるばる横浜までのドライブであった。
ロボットが好きだというのでせがまれた。
朝10:00の開場時に入場を目指して出かけた。
おかげさまで、混み合う前に見れたのでよかった。

日本工学院のブースにいたロボットくん
KARFE というらしい。
Robojapan2008_1


こんなロボットさんも、
Robojapan2008_3

SK-PANG さんのブースにおられた。
パンフレットによれば、名前は AYA というらしい。

他にも多くの展示(企業及び学校・大学関係)があり、公演なども行われていた。
ROBO-ONEという、ロボット相撲大会の決勝トーナメントも行われていた。
私個人で一番感心したのは、重いものを人間が持ちあげる力を補助し支える補助装置であった。
名前は「マッスルスーツ」といったと思う。
その体験コーナーもあったが、私は列には並ばずその様子だけを眺めていた。
実用応用されれば、介護支援作業の現場が助かるに違いない。
たしか、東京理科大学のブースであったと思う。

そして、ロボットキットのお買い物がしたいというので、ツクモ電機のブースに行ったが、
小1の年齢によさそうなキットが見当たらず。
この日のお買い物はおあずけとなった。
実はこの「お買い物したい」が翌日の行動に大きな変化を発生させる。
それはまた別の記事で述べることになろう。

お昼頃でROBO JAPAN の見学は終了となった。
時間があまったので
パシフィコの近くの遊園地コスモワールドに行った。


観覧車からの横浜の風景をどうぞ
タグボート係留中
081014_yokohama1


ビルたち
081014_yokohama2

遊園地の下を望む
081014_yokohama3


再びビルたち
081014_yokohama4


なかなかの眺めであった。
さすが横浜だな~


海辺の風景もどうぞ~

ぷかり桟橋
081014_yokohama6


横浜中華街風な遊覧船
081014_yokohama7


風力発電の風車・・・たぶん川崎方面を望んだ方向と思う
081014_yokohama8

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/06

ベネッセ・カリモク勉強机の購入10ヵ月後

ここ最近の当ブログの傾向として、アクセス解析の検索フレーズをみたら、「カリモク ベネッセ 勉強机」でのヒットがかなり多いみたいです。
来る春に新一年生となる子のママたちがいろいろと研究しているのでしょう。
思い起こせば、昨年秋ごろ、我が家も、今春1年生となった子の勉強机の選定でいろいろ検討しておりました。
なんてたって、横浜ラーメン博物館を餌にされて、運転手としてカリモクの横浜シュールームまで見に行きましたもん・・・。
普通の家具屋さんでピエルナも眺めて。そんなこんなで、我が家の場合は、ベネッセ・カリモクの勉強机を結局選んだわけです。
(正直なところ、かなり高価な買い物でした。yenwobbly
 我が家で使用している家具達の中で、今でも一番高価な家具であります)

さて、納品されてから10ヶ月経過した使用中の状態を公開しましょう。
(片付いておらずため、見苦しい状況ですが)
0810060001


写真の天板の高さは一番低い位置に変更した状態です(納入時の高さはこれより一段上でした)
この天板の高さでは、引き出しを開け閉めする隙間が無いため整理ワゴンは机の下では使用できないのですが、我が家は、机の脚の下に挟み物をして、天板高さを少し高く浮かせることで整理ワゴンを机の下に入れてます。
(尚、脚部下への挟み物は、机の重さが重厚なので、ずれて外れてガタン!といったりしないものである必要があります。そうでないと怪我の原因になりましょう)

さて、当の持ち主(子)の使用感想は、かなりいいみたいです。
ですが実のところ・・・、あまりこの机で勉強している様子を見かけません(たまには使っています)coldsweats01
もっぱら、うちの子は居間のちゃぶ台(家具調コタツの上)で勉強していることが多いのです。
みんなの近くに居たいのか?テレビの近くに居たいのか?
ママと一緒に勉強していることが多いからなのかもしれません。
一人でお勉強ができるようになれば、使用頻度も増えるのでは・・・?と思います。

参考までに、当ブログ内の「カリモク」関連過去記事へのリンクを載せておきます
2008/1/15記事「学習机が届いた」 
http://hoihoi-techin-papa.cocolog-nifty.com/hitorigoto/2008/01/post_5cc3.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/28

サンリオピューロランドに行った

つい先日はじめてサンリオピューロランドに行った。
場所は多摩市。多摩センター駅近く。
今回は車で行った
平日であったのでピューロランドの地下駐車場に車をおくことができた。
尚、閉館時間は平日なので17時とのこと。

地下駐車場からエレベーターホールまでの通路
Puroland01_2

入口近く
Puroland02

数箇所、シアターホールがあってショーをやっている。
Puroland03


(フラッシュオフ撮影で撮りました)

パレードの終盤風景
Puroland04


パレードではアクロバット演技もあって見ものです。

遠くから見た入口
Puroland05


特に期待していなかったので、結果としてとっても楽しめた。
子供たちは喜んでいた。だが、せいぜい小学生低学年までかな?
おじさんにとっては、お姉さんたちがたくさんでてくる各シアターのショーはとっても楽しかった。

この日は翌日(土曜日)、ベネッセ本社(訂正)ベネッセ東京本部のプラネタリウムSTARDOOMを見るため厚生年金施設(サンピア多摩)で一泊であった。
 (サンピアの率直な感想は・・・
 ・・・宿泊料金はもっと安くしてほしいなあ~と思った)
 (ちなみに私は厚生年金払っている人料金だったが・・・
 ・・・割安感はあまり感じなかった)
 (一般料金は私が払った料金より一段高いらしい)

ベネッセ東京本部は
Benrsse01


とっても立派なビルであった。

尚、プラネタリウムは途中までしか記憶が無い。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

アンパンマンこどもミュージアム

横浜は、高速道路みなとみらい出口すぐにあった。
アンパンマンこどもミュージアムに行った。

展示物のひとつ
Anpanman01


アンパンマンの世界のジオラマのひとつ

アンパンマンのショーもあった
Anpanman03


ミュージアムの外のショップ周辺にドキンちゃんが出没していた
Dokinchan

そのお店のなかにジャムおじさんのパン工房があったらしく、パンを買ってきていた
Anpanman02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/23

雪遊び体験に出かける

私には正月休みありませんでした。
だからというわけではありませんが、事前計画的に予定されていた冬休み(1week+α)をいただきました。
なので、家族サービスというか、自分のリフレッシュで遊びに出かけることになりました。

まずは、雪遊び
うちの子らは雪で遊んだ経験がありません。
(私は、北海道の内陸部育ちなのでいまさらです)
なので、雪のあるところに行ってそりで遊ぼうという狙いです。
自家用車で行くべきか否か・・迷いました。
昔しの車のスタットレスタイヤ(ホイール付)は手持ちでありましたが、数cm車高が落ちてしまいます。
タイヤの準備したりが面倒なので、新幹線で行ける所に絞りました。
出発は21日、1泊の予定です。
天気予報によれば21日(月)はかなりの冷え込みと関東地方でも積雪が予報されていました。
延期も考えましたが、当日朝おきてみますと積雪も無く決行となりました。

新幹線あさまに乗って目的地に向かいます
Karuizawa01

目的地は軽井沢です。
朝出てお昼ころには現地到着。便利なものです。
Karuizawa02


軽井沢は人工降雪機完備のスキー場です。
いたるところに降雪機があります。
Karuizawa04


今回は子供たちのそり遊びが目的なので、ゲレンデでのスキーはしませんでした。
いわゆる、そり遊び専用のファミリーゲレンデ(キッズパーク)のみで遊びました。
なお、キッズパークの入場には入場料が掛かります。
(何らかの割引もあるらしいですが、うちはキッズパーク1本なので家族分+そりレンタル代掛かりました)

お泊りはプリンスホテルのEASTに(頑張って)泊まりました。
温浴施設(温泉SPA施設(お風呂&水着着用ゾーン))がよかったです。
タオルが温浴施設に用意してありました。
昨今、お部屋のタオル持参するところが多いのですが、これは感激でした。
浴場では外国の宿泊客が多かったです
(どこの国の人までは申しませんが一部マナーが悪く興ざめでした)

ゆっくりめのチェックアウト12時というのがよかったです。
(コテージは11時らしいです)
翌日11時30分までそりで遊びました。
帰りの新幹線まで、WESTのショッピングモールで時間つぶししました

| | コメント (0) | トラックバック (0)