2005/11/22

エックス線の試験合格発表!

先日15日に受けた、エックス線作業主任者の試験合格発表があった。
昔しは合格発表といえば、合格通知を待つか?掲示板を見に行くかであった。
今ではインターネットのホームページで合格発表が判る世の中でした。

関東安全衛生技術センターのホームページをみました。
(゜o゜)~なんと!受かってました!
五分五分であったけど??奇跡か!
一時はもう1回受験するつもりであきらめ気味であったが、最後の最後で、あきらめずに(あきらめの悪い)前夜徹夜勉強した甲斐がありました。
やれやれ(-。-)y-゜゜゜  "ホッ”・・・です
とりあえず、とても眠い受験でしんどかったが合格が達成できた
・・・・・これで、職場での面目??も保てたかな?
そのようなものは最初からないか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/11/15

エックス線の受験おわる

本日、エックス線作業主任者 という資格試験を受けてきました。
数日前まで、試験勉強らしき自習は何もやっておらず(6月に社内で受験前講習を数日間受けました)。
いくらなんでもこのままではマズイと急遽詰め込み始めたのが、11日の午後からだったかな。
 本当はエメラルダスのプラモを作っているバヤイではなかったのでした
昨日の夜は、今朝3時半までうつらうつらしながら一冊の問題集の問いと格闘し、頭の中に詰め込みました。
朝までかかって一冊やっつけました。
やれやれ・・・とても疲れました。一夜漬けはもうコリゴリです(学校時代からコレです)。
今日は、眠い目をこすりながら、試験に臨んできました。
試験は午前と午後の2部になっています。
内容は「エックス線の管理の知識」「関係法令」「エックス線の測定」「生態に与える影響」の4科目

朝、早めに出立したので、試験会場には早めに到着しました。
午前中の試験は「~管理」「~測定」と思い込んでいたワタシ。
開始時間前の待ち時間で一生懸命テキストの「~測定」のところを眺めていました。
午前中は「~管理」「関係法規」 でした。
朝、眺めていたところは何の救いにもなりませんでした。
問題みた瞬間、「~法規」は放棄?したかったです。
  ”オヤジ”jokeでした。
でも、マークシートなので最終的にはどれか選んで埋めました。
今朝、3時半までかかってやっていたのはちょうど「放棄 ~法規」の問題でした。
まあ勉強したばかり?とも言えます。うつらうつらしながらやっていた問題の記憶を一生懸命たどります。
「・・・たぶん、コレはありえなかったはずだ~」とか
「・・・これの一つはコレで間違いない!あともうひとつはどれか?」
 答えの組み合わせ選択では選ぶべき「正しいもの」が最低2つあり、その2つの組み合わせの回答を5択します。
ありえなさそうなものを消去していく消去法作戦で悪戦苦闘・七転八倒・・・なんとか回答しました。
「法規」の問題を自信を持って回答するには準備不足であったです。
「~管理」のほうでは計算問題もありましたが、それはなんとかなりました。
勝算は・・・なんともいえず・・五分五分かな?

午後はお昼休み中、ずっと本を眺めて最後の1分まで詰め込んでおりました。
午前の20問より午後の20問のほうがちょっとはよかったかなあ~。
午後もアヤシイ消去法で回答を絞り最後の選択はフィフティフィフティです。
~ふぁいなるあんさあ~? ふぁいなるあんさぁ~
午後の勝算も・・五分五分でしょうか?
運がよければ・・・・~かも~の状態です。

次回受験のための願書をもらって帰路につきました。
(念のため万が一の「合格」のための免許申請用紙ももらってきました)
結果発表は22日です。
~後日に続く
とりあえず、昨夜勉強したことはリセット・クリアしました(-o-;)/^^^

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/14

試験勉強

ひょんなことから、工業用エックス線関係の資格試験(ちゃんとした国家試験です)をうけることになったワタシ。
試験は実は明日・・・(ーー;)・・・
四日前くらいから、テキストと問題集を2つ並べて問題集メインで猛勉強しているが、いくらなんでも合格は難しいであろう。トホホ
6月から判っていたのに、計画的な勉強ができないワタシ。
幸運なことに今日はたまたま休み。明日にかけて猛チャージかけねばならない。
問題集もあと2/3の残っている。明日の朝まで完全制覇+過去試験問題解答まで、ヤルゾ。
あ~ぁぁぁ~。(本音は・・・イヤだ)。
40過ぎても試験は一夜漬け。あ~あ~なさけない。(;一_一)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/14

消費生活センターに行った

一昨日、初めて消費生活センターに相談しに行った。
例の資格商法(通信教育)2次被害誘導の電話の件だ。
(内容はこの記事のひとつ前の記事を参照願います)
電話口でアタマにきて私の貴重なくつろぎタイムを台無しにされた余暇損失のみで実費的損害はなく今後電話が来ても徹底抗戦しかないが、今後の対応として何かアドバイスいただければと思って相談に行った。
(なんせ、当方は製造業で一般的に働くオッサンだ。普段は技術技能的なことばっかりだから、細かい法律的なことはうとい)
例の電話を受けてからずっとアタマにきていたので、相談員の人に相談して気持ちがスッキリした。
真新しい内容ではないと思うが、内容を要約しておく。
(1)前の通信教育が終了していなから、新たに行政書士コースを受講しなければいけないなんてことはない。
(2)経費ウンヌンどうの言われても、それは、相手方が、契約に引き込もうというトンでもない言い掛かりである。
 だいたい、前回の通信教育費用はちゃんと払い終わっているのだから、堂々としていよう
 (信販の教育ローンなどで月賦で払っている最中てでも堂々としているべき話し)
(1)再び電話が掛かってきた場合、はっきり断る。
「結構です」とか「いいです」とかは言葉だけではどっちとっもとれる。ので、はっきりNOの「やりません」
(2)会社に掛かってきて周りに迷惑かける心配
実際、忙しいときにこれらの電話がくると大変迷惑である。自分も迷惑だが周りも迷惑なのだ。
「これこれこうであるから」と説明し周囲の理解と協力を頼む。
(3)もし、相手方が強引に解釈し契約書類やらを強引に送付してきたとき。
即、速やかにクーリングオフすべし。とのこと。送達記録を残す郵便でおくるとよいらしい。
ローン組んじゃった場合は、契約会社といローンクレジット会社に送付するとのこと。
(4)いわれのない小額訴訟を起こされたら、
・・・・そのような訴訟の郵便が送られてきたら(普通は特別送達という形でくるとのこと)
その郵便物に記された番号を信用せず自分で裁判所の電話番号を調べるて本物の裁判所に送達事案の確認しよう(それすらニセモノの書面ということがあるらしい)。
訴状が本物だったら・・・速やかに専門家に相談すべし。
本来いわれのないものならビビルことはなかろう。だが、本物の場合は放置はできない。打ってたつしかなし。
(5)今後、新たな動きがあったら・・・相談してくださいとの事。

最後に思ったこと、
①自ら啓発して、普段の仕事の傍ら、学びたい、資格をとりたいという欲求から高い費用を払って受講している人々の弱みに付け込む悪い輩がいるという事実。サギ的手法で資格商法を押し売りしようなんていう輩は許せん!ということ。
②連中の口車に押されず呑まれずごまかされず。冷静に考え、困ったら専門家に相談すべし。
(ネットでも対悪徳商法サイトがあるよ)
(連中は結構、強気コワモテで電話してくるけど、コッチを怖気さすためだからビビらず、冷静に対処すべし)
③見覚えないこと、恐れるに足らず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

あやしい資格商法屋から電話アリ

(経緯:平成13年6月ころに日本総合能率協会の通信教育で立体製図(テクニカルイラストレーション)を契約したが終了まで至らず。受講申し込んだ理由は製図の練習と勉強がしたかったからと地道にやれそうだから)
本日、夕方、ニホンソウゴウのYグチなる人物から非通知で横暴なる電話がアリ。かなりの早口でわざと喧嘩を売っているような強圧的な口調であった。「アンタ、態度悪いな!」思わずクチに出た。あくどい借金取立て屋のような横柄な口調だ。電話グチでそういう口調でこられると当方はエキサイトするタイプである。
「立体製図の受講が終了していないため、講義資料なども取りに来ていないしスクーリング開催事務経費がかさむから、立体製図は終了にして行政書士コースに移行する」という。一方的に移行スルゾという内容である。
立体製図を続けないなら、それを終了扱いにするから行政書士を受講しろという。
はて?スクーリングを受けるような内容の講座でもないし今まで開催案内など受け取ったことがない。
大体、何で受けたくもない行政書士講座なんかやらなきゃいけないの?
月々の運営費が1万5千円でかれこれ52万発生していて、それらが利息などついて350万円以上になっているという。なんだか、資格商法+振り込めサギが合体している。オノれェ~コッチも電話口でエキサイトしてくる。

契約したところに電話するというと「そこは倒産してもうない」という。講座運営はニホンソウゴウがやっているという。場所はどこだと聞いたら敵は「名古屋だ」といった。そういえば立体製図の契約も日本総合能率協会の名古屋事業所だった。同じ会社か?まったくの別会社か?
それでニホンソウゴウの住所所在地を言え!と聞きただしたら、それらは告げられずに「裁判にするぞ」とか「会社にばらすぞ!」と脅しをかけられて向こうから電話をブッチリ切られた。
夕方くつろいでいたときに嫌な思いして、とにかく気分悪い思いで一杯です。
実は最初の立体製図講座自体が受講後、添削員として時給2500円~の3500円の収入になるよの勧誘のあったあやしい講座でした(私はその話はあまり信じていなかったんだけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)